HOME > 認定制度・検定試験 > 認定心電検査技師制度 > 認定心電検査技師についてのFAQ

認定心電検査技師についてのFAQ

1. 運営について

現在、認定心電検査技師制度の運営は、日本不整脈心電学会と日本臨床衛生検査技師会とで分かれているようですが、今後の方向性について教えてください。
運営が分かれたことにつきましては、会員の皆様にご迷惑をおかけいたしておりますこと、深くお詫び申し上げます。本学会といたしましては、両会のトップ同士での話し合いを提案しておりましたが、先方より受け入れていただけなかったため実現することができず、別運営にて行っていくことに決定いたしました。現在のところ、両会が一緒に運営していく予定はございません。どちらを受験されるか、あるいは更新されるかは、皆様の判断に委ねることとなります。大変申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。なお、不明な点がございましたら、事務局までメールにてお問い合わせください。

ページトップへ

2. 取得単位の自己申告および更新について

更新に必要な単位を習得したので、更新年より前に更新申請書類を堤出したいのですが。
更新年の4月1日から末日までの期間しか受け付けいたしません。
取得単位を申告したいのですが、受付期間はありますか?
毎年4月1日から末日までを取得単位自己申告受付および更新手続受付期間とさせていただいております。この期間以外につきましては、次年度の集計に持ち越しとさせていただきます。
取得単位自己申告書は毎年提出しなければなりませんか?
毎年提出いただいても、更新年にまとめて提出いただいても、どちらでも結構です。ご提出いただいた場合、事務局より「現在の取得単位のご案内」を都度ご送付いたします。一度申告した単位につきましては、すでに集計されておりますので、更新時に再度申告いただく必要はございません。更新年にまとめて提出される方は自己管理をお願いいたします。
現在の取得単位を忘れてしまいました!
会員ページにログインして、「心電技師更新単位照会」画面で、現在の取得単位をご確認頂けます。
あるセミナーを受講しましたが、単位が加算されていないようです。
セミナーの参加証もしくは領収証のコピーをご送付いただいておりますでしょうか。単位取得につきましては、あくまでも自己申告制とさせていただいておりますため、参加証等のコピーを事務局までご送付ください。自己申告受付期間は毎年4月1日から末日までです。なお、参加証等のコピーを紛失された方は、参加者名簿などで確認させていただきますので、事務局までお問い合わせください。
認定試験に合格する前に受けたセミナーについて、単位は認められるのでしょうか。
認定期間中に取得された単位のみが認められます。認定試験に合格する前に受講されたセミナーの単位は認められませんので、ご注意ください。
日本臨床衛生検査技師会が主催または認定センターが事前承認した研修会を受講しましたが、日本心電学会認定心電検査技師の資格更新単位として有効ですか?
日本臨床衛生検査技師会の制度とは別運営になりましたので、有効ではありません。ただし、平成21年4月1日〜平成25年3月31日の期間に日本臨床衛生検査技師会が主催または認定センターが事前承認した研修会を受講した場合は各10単位を取得したこととします。また、日本臨床衛生検査技師会の生涯教育制度20単位については、平成25年3月31日までに受講を開始したものについては有効とみなします。

ページトップへ

3. 更新期間延長について

出産・育児などで単位取得が難しい状況です。更新期間の延長は可能でしょうか?

日本不整脈心電学会では、(1)出産・育児(2)介護(3)その他、総務委員会が正当と認める事由 により原則1年間の休会が認められます。休会期間は、休会申請を行い、承認された年の次年度1年間です(下図参照)。休会中は認定期間も停止状態となり、復会後再開されます。休会中の更新単位取得はできませんのでご注意ください。休会申請は学会会員ページにログインして「休会申請」画面から行ってください。
なお、休会は出産・育児中の救済措置のため、出産前後1年間以外の休会申請は、原則認められません。特殊なご事情の場合は、事務局までお問い合わせください。
また、休会期間終了後には必ず学会会員ページで復会手続きを行ってください。復会手続きが行われないと、会員資格および認定資格が失われる場合があります。
faq1

ページトップへ

4. 認定試験について

日本臨床衛生検査技師会の心電検査技師認定試験に合格すれば、日本不整脈心電学会の認定心電検査技師の認定資格も取得できたことになりますか?
日本臨床衛生検査技師会の制度とは別運営ですので、本学会の認定心電検査技師の認定資格は取得できません。日本不整脈心電学会が行う認定心電検査技師認定試験に合格し、認定を受ける必要があります。
国家試験に合格し、3年以上の実務経験を有しています。現在、事情があり勤務をしておりませんが、認定試験を受験したいと考えています。経歴書に「施設長もしくは所属長の署名・捺印が必要」とありますが、勤務していないため、署名・捺印をいただくことができません。
施設長もしくは所属長の署名・捺印は、受験者が「実務経験3年以上を有する」ことの証明として必要です。可能であれば、以前勤務されていた際の施設長もしくは所属長に署名・捺印をいただいてください。難しいようであれば、①3年以上勤務されていたと証明できるもの(在籍証明書など)、②所属長から署名・捺印をいただけない理由書を添えて、お申し込みください。
そのほか、不明な点は事務局までメールでお問い合わせください。
受験資格に、「実務経験3年以上」とあります。実務経験が2年7ヵ月なのですが、受験することは可能でしょうか。
原則的に実務経験3年以上とさせていただいておりますが、施設長もしくは所属長の署名・捺印があれば受験可能です。上司の方にご相談の上、お申し込みください。
認定試験を受験するために、事前にセミナーを受講して単位を取得する必要はありますか?
受験資格については、試験要項をご参照ください。単位につきましては、試験に合格されたうえで、認定期間中に更新に必要な単位(50単位)を取得してください。
申請書類に認定心電検査技師名簿への氏名の掲載に同意するかどうかの質問がありましたが、同意したほうがいいでしょうか?
名簿への氏名掲載は任意です。ご希望をお聞かせください。