HOME > 認定制度・検定試験 > 認定心電検査技師制度 > 更新要項

更新要項

日本不整脈心電学会認定心電検査技師 更新概要

認定心電検査技師で、認定を受けてからもしくは最終更新年から5年を経、引き続き資格の継続を希望するものは、資格更新の審査を受けなければならない。更新希望者は、認定期間終了後の4月中に下記の要領にしたがい、更新手続きを行うこと。手続きを行わない場合には、認定資格は無効とする。

1. 対象者

認定心電検査技師の資格を取得しているもので、認定を受けてからもしくは最終更新年から5年を経たもの。

2. 更新要件

1) 資格取得後もしくは最終更新後、継続して日本不整脈心電学会の会員であること。
2) 資格取得もしくは更新後の5年間に本学会指定の学術大会・研究会・セミナーに出席し、50単位を取得していること
日本不整脈心電学会学術大会への参加 10単位
日本不整脈心電学会学術大会での発表(共同発表者可) 10単位
日本不整脈心電学会教育講座1・2への参加 10単位(各)
カテーテルアブレーション委員会公開研究会への参加 10単位
カテーテルアブレーション委員会公開研究会での発表(共同発表者可) 10単位
植込みデバイス関連冬季大会への参加 10単位
植込みデバイス関連冬季大会での発表(共同発表者可) 10単位
日本不整脈心電学会主催ないしは指定のセミナーへの参加 10単位
日本不整脈心電学会誌『Journal of Arrhythmia』・『心電図』への論文掲載(共著者可) 10単位
日本不整脈心電学会誌『心電図』へのCommunication掲載(筆頭著者のみ) 10単位
*但し、平成21年4月1日〜平成25年3月31日の期間に日本臨床衛生検査技師会が主催または認定センターが事前承認した研修会を受講した場合は各10単位を取得したこととします。また、日本臨床衛生検査技師会の生涯教育制度20単位については、平成25年3月31日までに受講を開始したものについては有効とみなします。

3. 更新申請受付期間

認定開始または最終更新から5年間経過後(認定期間(3月31日まで)終了後)の4月1日から末日まで。

*上記の期間以外の申請は受付けいたしません。
*誤った期間に入金された更新料は、振込み手数料を差し引いてご指定口座に返金させて頂きます。

4. 資格更新申請書類

審査は書面で行う。申請書類に必要事項を記入のうえ、下記【送付先】まで送付すること(封書表に「認定技師更新申請書在中」と朱記)。
なお、認定更新料は5,000円とする。

*申請書は毎年3月1日から5月30日までダウンロード可能です。

更新申請書*1 様式1・2 word
PDF
更新料振込証明書
取得単位自己申告書*2
    (最終年の取得単位)
様式3 word
PDF
  • *1: 認定心電検査技師名簿(氏名のみ掲載)をHPで公表予定しています。名簿掲載の可否を”申請書様式1″のチェック欄でお示しください。
  • *2:4年間ですでに必要単位数(50単位)を自己申告し登録している方は不要です。また、自己申告されていても50単位に不足の場合には、不足分のみの自己申告で結構です。

【送付先】
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-5 紀陽東京ビル6階
日本不整脈心電学会事務局

※資格更新のための注意事項
1) 更新単位取得状況の通知について
更新1年前の会員には取得単位数の通知をする。資格取得(更新)より、4年満了した会員で通知が届かない場合には事務局まで問い合わせのこと。
2) 休会期間中の資格更新認定講座受講について
休会していた場合、休会期間中に受講された資格更新認定講座の単位は加算されない。復会の手続きを取ること。

5. 取得単位自己申告

資格更新認定講座に出席された方で単位登録を希望される場合は、毎年4月1日から4月末日までの間に、参加証のコピーを「取得単位自己申告書」と共に下記送付先まで郵送すること(封書表には「取得単位自己申告書」と朱記)。
取得単位の自己申告は、毎年されても、更新申請時にまとめてされても、どちらでも結構です。一度申告した単位は、すでに登録されていますので、更新申請時に再度申告いただく必要はありません。また、更新申請時にまとめて申告される方は自己管理(単位集計や参加証保管など)をお願いいたします。

取得単位自己申告書

送付先:
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-5 紀陽東京ビル6階
日本不整脈心電学会事務局