日本不整脈心電学会

HOME > 申請/報告 > 申請 > フェローシップ・論文賞募集 > 第27回 日本不整脈心電学会学術奨励賞 論文募集

第27回 日本不整脈心電学会学術奨励賞 論文募集

趣旨

不整脈学および心電学の進歩に寄与する顕著な研究を行い、将来発展の期待される若手研究者を顕彰する。

応募資格

2022年4月1日現在において満40歳未満の日本不整脈心電学会会員であり(応募時に会員であること)、応募論文の筆頭執筆者であること。

※前回(第26回)以前の受賞者は応募することはできない

対象論文

不整脈学および心電学に関する独創的な原著論文で、2021年1月から今回の奨励賞応募締切時までに国内外の雑誌(オンラインジャーナルを含)に発表されていること(online ahead of print、in press、in printing含)。なお、研究業績は、その主要な部分が国内で行われたものに限る。

※他の国内論文賞に重複申請していないこと

応募方法

応募論文1篇の別刷り、もしくはそのコピーを8部(1部ずつホッチキスどめすること)、研究テーマの和文要旨(2,000字以内)8部、本人の履歴書および業績リスト1通と所属長の推薦文1通を下記事務局まで書留郵便もしくは宅配便で送付する。
また、USBに論文タイトル、著者名・所属・連絡先メールアドレス、掲載誌および掲載ページ(含 発行年)をWordファイルなどのテキストデータで保存し送付する。
なお応募書類は採否に関わらず返却しない。

締切日

2022年2月28日(月)必着とする。

発表・表彰

原則、基礎2名、臨床2名の計4名を最終候補者とし、6月上旬の選考会で発表・質疑応答を行う。その後、選考委員会による最終選考会を開催し、最優秀賞2名、優秀賞2名を選考し、賞状と副賞(最優秀賞30万円、優秀賞10万円)を贈呈する。
◎受賞の際には、当該論文の内容を総説として日本不整脈心電学会誌「心電図」に投稿すること。

※受賞論文を総説としてまとめる際の注意点※
二重投稿となることを防ぐため、受賞論文とは異なる図を最低2つ引用し、本文でもそれについて言及してください。

選考委員長

石川 利之  横浜市立大学附属病院循環器内科

送付先

〒102-0073
東京都千代田区九段北4-3-24
KYONI BLDG.4階
一般社団法人 日本不整脈心電学会事務局

※送付用封筒の表に「学術奨励賞論文応募」と朱書で明記すること。

TOP