HOME > 学会認定不整脈専門医認定制度 > 認定更新に関わる救済策と認定更新条件追加のお知らせ(2020.6.22)

認定更新に関わる救済策と認定更新条件追加のお知らせ(2020.6.22)

認定更新に関わる救済策

新型コロナウイルスの影響で学術集会・セミナーが中止・延期されるなか、2020年度の更新単位取得が実質困難になっています。
そこで、2020年度を認定期間に含む専門医の認定更新を全て 1 年後ろ倒しにすることと致しました。(各年度認定者の認定期間最終年度と更新申請受付期間は更新申請希望の方へでご確認いただけます)
なお、2020年度中の更新単位取得は可能です。

認定更新条件の追加

更新に必要な50単位のうち、本学会主催の集会(地方会を除く※)で40単位を取得することが必須となりました。
これは、学術集会のWEB開催の増加を見込んで、そこで取得できる単位数の上限を設けること、また、本学会主催の集会(特に学術大会)参加を重要視すること を目的として決定されました。
ただし、留学等の事情により先述の40単位を取得することが難しい場合には、資格更新部会が個別に判断いたします。

※本学会主催の集会:年次学術大会、カテーテルアブレーション公開研究会、アブレーションライブセミナー、アブレーション研修セミナー、植込みデバイス関連大会、心電学関連研究会(2021年春より心電学関連大会)、EPサマーセミナー、ICD/CRT合同研修セミナー、夏季EP Web講演会(2020年度限定でWEB開催)