HOME > 評議員選考

評議員選考

現在就任中(第2期)の評議員が2020年学術大会終了日で任期満了になることに伴い、第3期(2020年7月5日~2024年学術大会終了日)評議員を選出いたします。

今後4年に渡り評議員として本学会の運営に積極的に関わることを希望されるA会員におかれましては、下記要領に従って、立候補の届出をお願いいたします。
認定評議員・推薦評議員問わず立候補の届出はオンラインのみでの受付となります。

評議員立候補届受付:2020年1月20日(月)~2月10日(月) 17時まで

評議員

  • 評議員は、認定評議員推薦評議員の2種とする。
  • 認定評議員はA会員のうち特定要件(定款施行細則第8条4項)を満たし、かつ評議員候補者選考委員会で推薦、理事会で承認された者とし、推薦評議員は評議員候補者選考委員会で推薦、理事会で承認された者とする。
  • 認定評議員の要件を満たす者は、「認定評議員」の立候補の届出をしてください。

評議員資格者

  • 評議員の資格は、2020年4月1日の時点で64歳未満のA会員とする。任期中に64歳に達した者は、満64歳に達した日の次にくる3月31日をもって退任する。ただし、役員の任にある者は、その任を終えるまで退任しない。
    *届出までに、2019年度の年会費を納入済みであること。

認定評議員の要件および届出

  • 定款施行細則第8条4項
    認定評議員の特定要件とは、A会員歴7年以上で、かつ過去4年間において以下の(1)~(4)のいずれかの条件を満たすことをいう。

(1)学術大会及び学術研究会(カテーテルアブレーション関連秋季大会、植込みデバイス関連冬季大会)のシンポジウム、パネルディスカッション等で座長を務めた者※1

(2)学術大会及び学術研究会(カテーテルアブレーション関連秋季大会、植込みデバイス関連冬季大会)のシンポジウム、パネルディスカッション等で演者を務めた者※1

(3)機関誌掲載論文の査読者を務めた者

(4)各種委員会/部会の委員・部会員を務めた者

※1:一般演題・共催セミナーは座長・演者とも除く。

認定評議員の立候補は、会員ページより、「認定評議員立候補届」を選択し、必要事項を入力の上、届出ください。

立候補の届出完了後は、立候補届の修正はできません。入力項目に間違いがないかご確認のうえ届出を完了してください。
立候補の届出後、提出完了メールがご登録メールアドレスに送信されます。
提出完了メールが届かない場合は、「@jhrs.or.jp」からのメールが迷惑メールブロック対策の設定になっていないかご確認ください。
提出完了メールが届かない場合は、ご自身の会員ページで「立候補届提出済」になっているかご確認ください。

推薦評議員の要件および届出

  • 認定評議員の要件を満たさない者は、推薦人推薦状 (メールまたは郵送【2月10日必着】)を送付し、立候補の届出をしてください。

※推薦人:立候補届提出期間内に理事または監事を務める者とし、最大2名推薦することができる。ただし、理事、監事が不在の地域においては、支部長が最大2名推薦することができる。

推薦評議員の立候補は、会員ページより、「推薦評議員立候補届」を選択し、必要事項を入力の上、届出ください。
推薦人の 推薦状 は、日本不整脈心電学会事務局あてに別途メールまたは郵送でお送りください(2月10日必着)。

送付先(日本不整脈心電学会事務局)
 Mail:office@jhrs.or.jp
 住所:〒102-0073 東京都千代田区九段北4-3-24 KYONI BLDG.4階

立候補の届出完了後は、立候補届の修正はできません。入力項目に間違いがないかご確認のうえ届出を完了してください。
立候補の届出後、提出完了メールがご登録メールアドレスに送信されます。
提出完了メールが届かない場合は、「@jhrs.or.jp」からのメールが迷惑メールブロック対策の設定になっていないかご確認ください。
提出完了メールが届かない場合は、ご自身の会員ページで「立候補届提出済」になっているかご確認ください。

選出結果

第3期(2020年7月5日~2024年学術大会終了日)評議員選出者は、3月上旬にホームページに掲載予定です。

評議員選考規定

立候補の届出をされたA会員が、必ずしも評議員に選出されるわけではありません。学会への貢献度を含む実績の他、各分野および地域性を考慮し、評議員候補者選考委員会で選考させていただくことになります。
会員ページ
J-AB
announce
J-AB登録状況
New JCDTR
J-LEX
J-PRES3
不整脈診断関連の医薬品・医療機器等に関する安全情報
合併症に関する報告フォーム
年間スケジュールカレンダー