日本不整脈心電学会 第15回植込みデバイス関連冬季大会

会長挨拶

photo

 今回で植込みデバイス関連冬季大会は15回目を迎えました。カテーテルアブレーション関連秋季大会の兄弟大会として企画された第1回は、日本医科大学心臓血管外科の新田隆教授に会長としてご尽力いただきました。当日は、東京には珍しい雪景色、この時の会場は3部屋のみ。大会初日が始まると、悪天候にもかかわらず会場はどこも入りきれない聴衆が溢れていました。また、特筆すべきことは、臨床工学技士、臨床検査技師、デバイスナース、制度が始まったばかりのCDRなど、医師以外の職種の参加者が多数を占め、これは他学会で経験できない稀有な現象でした。この第1回大会で、植込みデバイス関連冬季大会は将来の成功が約束されました。

 前回の第14回大会は光野・三橋両会長により京都で開催される予定でしたが、新型コロナオミクロン株の大流行により直前にWeb開催へ変更されました。ところがこの第14回大会では、参加者が 2,000人を大きく超える最多参加者記録を打ち立てたのです。一般演題、企画講演、デバイス委員会・部会セッション、スポンサードセッションなど、テーマは多岐にわたり、大いに盛り上がりました。

 植込みデバイス関連冬季大会は、多地域多職種の方々に支えられ、右肩上がりに成長しています。これは、主催者、参加者、スポンサー企業の努力の賜ですが、植込み型デバイスの進歩そのものが、大きな原動力を担っていることに疑問の余地はありません。

 CIEDs: Where to go from here?

 最近はS-ICD、リードレスペースメーカなどの新機軸が上市されていますが、ハードウェアだけではなく、遠隔モニタリングやAIを応用したDigital Health Careも日常医療に取り入れられるようになりました。これからはsystem engineer、social scientistなど、異業種の方々のサポートを得ながらこの学会の発展があると思います。第15回大会ではその道筋を探ることにします。

 皆さん、仙台でお会いしましょう。そして、植込み型デバイス医療の将来を語りあいましょう。

 2022年3月

第15回植込みデバイス関連冬季大会
会長 庄田 守男