心電学関連大会

心電学関連大会とは委員長挨拶委員一覧委員会活動

会長挨拶

心電学関連春季大会2023 テーマ「心電学の未来」

photo

 この度、2023年4月22日(土)にコングレスクエア日本橋で開催されます心電学関連春季大会2023の会長を拝命いたしました。心電学関連春季大会は、2021年に「心電学」を源流とする4つの研究会が日本不整脈心電学会の分科会として統合されたもので、今回が第3回目の大会となります。本大会のテーマは「心電学の未来」といたしました。カテーテルアブレーションや不整脈デバイス治療など、次々と新しいテクノロジーが登場する非薬物治療が全盛の不整脈領域においても、治療の基本はやはり薬物治療です。また、2022年に日本循環器学会と日本不整脈心電学会の合同ガイドラインとして、「不整脈の診断とリスク評価に関するガイドライン」が公開されましたが、不整脈の診断とリスク評価も、12 誘導心電図、モニター心電図、ホルター心電図、イベント心電図、運動負荷心電図、最近では人工知能による自動診断心電図などの「心電学」を基本として行われます。その他、心臓突然死の予知指標としての加算平均心電図、T波オルタナンス、再分極指標、心拍変動なども「心電学」を基本としています。

 本大会では、この「心電学」に加えて、生理学や薬理学をはじめとする基礎医学、獣医学、遺伝子診断など幅広い領域から広く演題を募集し、「心電学」の現状とその未来について皆様で議論していただける場を提供することができればと願っています。多くの先生方、医療関係者の皆様からの演題募集とご参加をお待ちしています。

心電学関連春季大会2023
会長 清水 渉
(日本医科大学大学院医学研究科循環器内科学分野)