HOME > 健康増進活動 > 不整脈ってなあに > 心臓の病気について > 洞頻拍

心臓の病気について

洞頻拍

日本医科大学循環器内科 宮内 靖史

 洞頻拍とは、運動、緊張、興奮、発熱などによって脈拍数が上昇する正常の反応です。しかし、貧血・感染・甲状腺機能などの心臓以外の病気が原因で洞頻拍がおこることがあります。そのような原因によっておこる洞頻拍は、原因になっている病気の治療を行うことによって改善します。

まれに、心臓のペースメーカである洞結節の異常によって発生することがあり、その場合は不適切性洞頻拍と呼ばれ薬物療法やカテーテルアブレーションが行われることがあります。

会員ページ
心房細動週間
J-AB
announce
J-AB登録状況
New JCDTR
J-LEX
J-PRES3
不整脈診断関連の医薬品・医療機器等に関する安全情報

一般社団法人日本不整脈心電学会

〒102-0073
東京都千代田区九段北4-3-24
KYONI BLDG.4階
TEL. 03-6261-7351
FAX. 03-6261-7350
Email office@jhrs.or.jp