HOME > 健康増進活動 > 不整脈ってなあに > 心臓の病気について > 房室ブロック

心臓の病気について

房室ブロック

日本医科大学循環器内科 宮内 靖史

 房室ブロックとは、心房のペースメーカで発生した電気興奮が心室に伝わるまでの途中で伝導が遅れたり、途絶えたりすることによって心室の収縮頻度、すなわち脈拍数が減少する状態です。
 房室ブロックには様々な程度があり、症状のない場合や、めまい、失神、疲労感を伴うことがあります。症状があったり、症状がなくても程度の高いブロックでは恒久的ペースメーカの植込みが必要となります。

会員ページ
心房細動週間
J-AB
announce
J-AB登録状況
New JCDTR
J-LEX
J-PRES3
不整脈診断関連の医薬品・医療機器等に関する安全情報

一般社団法人日本不整脈心電学会

〒102-0073
東京都千代田区九段北4-3-24
KYONI BLDG.4階
TEL. 03-6261-7351
FAX. 03-6261-7350
Email office@jhrs.or.jp