カテーテルアブレーション関連秋季大会2018

会長挨拶

Photo"" Photo
会長 住友直方
(埼玉医科大学国際医療センター小児心臓科)
会長 山根禎一
(東京慈恵会医科大学附属病院循環器内科)

 カテーテルアブレーション関連秋季大会2018を11月9日(金)〜11日(日)に、沖縄コンベンションセンターで開催させていただきます。本大会の会長を務めさせていただきますことを大変光栄に存じております。日本不整脈心電学会としては、日本不整脈学会、日本心電学会の総会を含めても、沖縄で大会を開催するのは初めてのことになります。

 今回の大会は30回の節目となる記念すべき大会になります。30年の間にカテーテルアブレーションは、手技、機器ともに目覚ましい発展を遂げました。年間のアブレーション件数は50,000件を越え、世界に類を見ない超高齢社会となった我が国では、さらに増加することが予想されます。その全容を把握することも学会の責務であるため、2017年より、カテーテルアブレーション全例登録プロジェクト(J-ABレジストリ)を開始いたしました。我々不整脈を専門とする医療従事者の責任も増すばかりです。

 11月9日(金)はライブを中継します。高周波アブレーションの他にバルーン技術を用いたアブレーションを行います。他の施設での電気生理学的検査で行われる刺激方法、心腔内心電図の解釈、アブレーション示適部位の決定を実際に見ることは、日本のアブレーション技術の進歩に大きく役立ちますし、これからアブレーションを始める方に役立つよう教育的な内容も取り入れ、多くの人に興味を持ってもらえるライブになるように努力いたします。

 11月10日(土)は公開研究会です。一般演題の応募は毎年増え続け、内容的にも興味深いものが多数あるように感じています。会場は少し遠方ではありますが、多くのご登録をお待ちしております。終了後は、バーベキューパーティーを予定しております。沖縄ならではのアトラクションとともに美味しい料理をご堪能ください。

 11月の沖縄は台風の心配もなく、気候的にも過ごしやすい季節です。日頃の疲れを南国の風で洗い流し、次につなげる活力の場にしていただきたいと思います。本大会が、アブレーション治療に携わる医療従事者にとり、実りある機会になることを願っております。